ブックレビュー/4797349212

神曲奏界ポリフォニカ リライアンス・ブラック bookmark

  • 作者:大迫 純一 イラスト:BUNBUN
  • 評者:お亀納豆
  • 日付: 2008-07-17

お薦め対象 bookmark

こうなったら最後まで付き合うぜ!という人。

粗筋 bookmark

「あたしじゃないよ!」

トルバス・ミュージック・ドームで発見された死体は、単身楽団を背負い、手足を縮めた異様な姿勢で倒れていた。現場で想定されたのは、単身楽団の漏電による感電死。だが検視の結果判明したのは、背負っている単身楽団には何の異常もなく、かつバッテリーの電圧では感電死するにはいたらない、という事実だった!相反する状況にとまどうマナガとマティアだったが、捜査線上にシェリカが浮かび上がり、事態は混迷の度合いを増していく!現場に残された説明できない状況、そして行方不明になった単身楽団の謎。

感想 bookmark

『黒』第八弾。『ジェラス・クリムゾン』と同時発売。これで大迫さんの『ポリフォニカ』は十冊目。『ポリフォニカ』シリーズの五分の二は大迫さんが書いてる計算ですよ。しかも、短編集入れたら更に割合増えるしな。

さて、今回はトルバス神曲学院に通うシェリカが殺人事件の容疑者に。運の無い女の子だなぁ。で、シェリカがメインということで、レオンとの接点があるかと思いきや、殆ど無し。取り敢えず、レオンはシェリカという少女の存在を認識したようだが。

神曲学院のシーンではギガちゃんがゲスト出演。ペルセルテが付けた名前って公式になってるのか。

そして、後書きでは大迫さんがテンション上がって、学院の中に『赤』のキャラが居るかもしれない、とハシャいでるけど、時系列から考えたら有り得なくね?そりゃ何かの用事で来ることはあっても、フォロンやペルセは卒業してるんじゃ……。

そろそろシェアードワールド全体の公式年表を作ってほしいな。

次はTRPGのルルブとリプレイ。奇蹟が起きれば、『エイディング・クリムゾン』も。

評価 燃:B+ 萌:B+ 笑:C+ 総:A



一覧に戻る
AND OR