KIT Literature Club Official Website

京都工芸繊維大学 文藝部

Top / ビートたけし『少年』
Last-modified: 2018-04-07 (土) 14:52:17 (382d)
| | | |

ブックレビュー

ビートたけし『少年』

  • 評者: 弁邪明
  • 日付: 2016-11-26

感想

コントをやらせると狂乱じみたマネをする著者が書く、東京、大阪、京都を舞台として、東京育ちの少年の純粋な心を描く短編集。運動会・転校生の物珍しさからのイジメ・家出同然の一人旅とそれぞれの少年の立ち位置は違うし、時代は高度経済成長の真只中ぐらいですが、活字見るだけで頭がクラクラするって人もすんなり読める作品です。本全体はページ少ないですし。