KIT Literature Club Official Website

京都工芸繊維大学 文藝部

Top / 活動 / 霧雨 / vol.47 / 犬吠
Last-modified: 2020-12-22 (火) 20:47:05 (274d)
| | | |

活動/霧雨

犬吠

鮎川つくる

1.春 の 水 掬 ひ て 写 る し け た 顔

2.滑 走 路 綿 毛 を 力 一 杯 蹴 る

3.春 愁 や 壁 に 向 か っ て ど っ ぷ り と

4.少 し 腹 下 し つ つ 見 る 霞 か な

5.赤 ん 坊 に 毟 ら れ て い る ヒ ヤ シ ン ス

6.旅 の 日 の 水 も し た た る 夏 料 理

8.桐 一 葉 午 前 と 午 後 を 別 ち た り

9.着 飾 っ て 「 あ そ ば せ 」 と 云 う 春 の 宵

10.ど こ ま で も 夏 ほ し い ま ま 鮎 の 川

11.万 緑 や 吉 野 の 町 と 尾 根 の 道

12.誘 蛾 灯 す っ た も ん だ の タ ー ミ ナ ル

13.照 り 返 す 水 平 面 の つ つ じ か な

14.痩 せ 鳩 の 堂 々 と 往 く 春 落 葉

16.ぼ ろ ぼ ろ の 都 市 の 孤 蝶 や 排 気 ガ ス

17.大 学 生 の 前 線 部 隊 春 の 服

20.目 印 を 我 に 定 め て 雲 の 峰

22.間 奏 に 大 あ く び し て 夏 来 る

23.熱 帯 夜 交 通 手 段 の 平 泳 ぎ

24.春 昼 や 死 ん だ イ ン ド の 数 学 者

25.入 浴 の 後 が 楽 し き 晩 夏 か な

26.春 潮 や わ た し は 蒸 発 、 消 え た

27.陽 炎 や 蔭 色 と い う も の を 知 る

28.夏 空 は 俺 の 諦 念 そ の も の よ

29.雲 の 峰 山 陰 の 名 に 恥 は 無 し

30.あ あ こ こ も ブ ル ー シ ー ト の 花 ぐ も り

31.炎 天 や 夢 の け も の の う し ろ 脚

32.や ァ と 云 い 友 人 招 き た し 五 月

34.下 闇 や 写 真 を 撮 ら せ て い る 野 猫

35.夜 行 性 の 呼 吸 を 真 似 る 熱 帯 夜

36.青 々 と そ り ゃ 季 語 に な る 幟 だ わ

38.学 食 の 隣 に パ ッ と さ る す べ り

41.夏 の 月 そ の 表 面 に 何 も 無 く

42.天 高 し ど い つ が 見 て も 同 じ 青

43.黒 い 水 黒 い 水 槽 熱 帯 魚

44.も の 言 わ ぬ 男 両 手 い っ ぱ い の 蚕〈ルビ:「蚕」に「こ」〉

45.麦 の 秋 天 地 逆 さ の 十 キ ロ メ ー タ ー

46.女 子 高 生 の コ ス メ 売 り 場 に 夏 惜 し む

48.炎 天 の 頭 脳 に カ ン と カ タ カ ナ 語

51.ぱ ぴ ぷ ぺ ぽ 唇 楽 し き は る の 風

52.警 官 が 吸 い 殻 を 蹴 る 夏 の 宵

53.熱 帯 夜 ビ ジ ネ ス ホ テ ル の 窓 五 つ

60.青 田 波 巨 大 な 風 を 生 き て い る

62.夏 桑 や 青 空 の 裡 に 残 っ た 葉

63.う つ ろ な り 日 蔭 で 食 う こ の ウ エ ハ ー ス

64.炎 天 の 屋 根 や 倒 れ た 室 外 機

65.し ば し ば 目 に 良 い 塩 梅 の 梅 雨 の 星

66.屋 上 に あ る 室 外 機 が 目 立 ち 夏

67.教 卓 に 餡 パ ン 隠 す 夏 休 み

68.銀 河 系 の 果 て で ひ っ そ り 盂 蘭 盆 会

71.熱 帯 夜 韻 を 踏 む 男 ・ 女 の 声

72.日 盛 や 地 方 都 市 で そ の ス ー パ ー カ ー

74.先 生 の 恋 愛 話 し も 宵 祭

75.は つ ら つ と 初 夏 の あ い さ つ 新 入 生

76.そ の 上 へ マ ン シ ョ ン 銀 行 夏 木 立

77.炎 昼 の 地 べ た の 女 た ち の 秘 儀

78.ひ と と き の あ ん ぜ ん あ ん し ん 花 ぐ も り

81.ま だ 抜 け ぬ ゆ び と 指 の 間 の 熱 砂 か な

82.蜜 蜂 に 飛 び 退 い て い る わ た し 元 気

83.羽 抜 鳥 い ま さ ら 淋 し い な ど と 云 い

84.一 日 を ま た 一 日 を と 往 く 蛍

85.蝉 時 雨 い ま ぼ く は 仙 人 の 心 地

86.蝉 時 雨 石 段 に あ り し 鳩 の 骨

87.全 部 欲 し い 毛 細 血 管 あ と 蘖

88.は つ な つ と 云 う 振 動 が う つ く し い

89.夏 だ か ら 一 体 な ん だ と い う の で す

90.真 似 っ こ 真 似 っ こ 大 器 晩 成 希 う こ と し

91.お よ そ 三 万 の 後 悔 あ り て 福 寿 草

93.売 り 物 は オ ム ラ イ ス で す ラ イ ラ ッ ク

94.ど ん 底 の 余 情 も あ り て か す み 草

95.は ぁ そ う で す 電 話 に 出 て い る 僧 の 片 闇

96.我 坐 し て 僧 椅 子 に あ り 百 日 紅

97.サ ス カ チ ュ ワ ン 花 冷 み た い に い い ひ び き

98.火 山 で も 絶 や せ ぬ も の あ り 夏 至 南 風

99.シ ャ ボ ン 玉 い っ ぱ い 吹 い て い っ ぱ い 消 え て

100.遠 雷 や 車 内 一 同 揃 う 呼 気

101.半 夏 生 わ た し は プ イ ッ と 生 き て い ま す

102.わ が こ こ ろ 夕 焼 ど き か ら 始 ま っ て

103.遠 雷 や 中 吊 り 広 告 二 十 二 枚

104.山 茶 花 や 祖 母 の 体 温 三 十 五 度

105.握 り 飯 の 塩 味 薄 し 万 緑 な り

106.バ ッ ハ 聴 き 薄 暑 に 身 を 凭 れ て い ま す

107.や う や う と 渇 ひ た 唇 照 る 紫 陽 花

108.様 式 を 手 に 入 れ た い の よ 夾 竹 桃

109.雨 粒 の い と や は ら か き 梅 雨 の 入

110.咲 き 始 め に 祖 先 の 貌 あ り 花 あ じ さ い

111.半 夏 生 つ い 買 っ て し ま う 漫 画 本

112.我 が 眼 に も 燃 え る 赤 来 て デ イ ゴ 咲 く

113.虚 ろ と か ま っ た き や み と か デ イ ゴ 咲 く

114.片 闇 や あ あ 白 し 少 年 の 尻

115.父 に よ う 似 た 声 が で て 草 い き れ

116.電 子 雲 に 淋 し さ あ り て 梅 雨 の 入

119.犬 吠 も 千 年 後 に は あ の 銀 漢

[#下付き]全九十二句