ブックレビュー/B0001A7D0O

CASSHERN bookmark

  • 出演: 伊勢谷友介, 麻生久美子, 寺尾聡, 樋口可南子, 及川光博!
  • 監督: 紀里谷和明
  • 評者:
  • 日付: 2006-08-09

お薦め対象 bookmark

ミッチーが出てるよ!

あらすじ bookmark

 そこはアメリカが存在しない世界。大東亜連邦共和国の遺伝子工学の権威・東博士(寺尾總)は人体のスペアパーツを可能とする新造人間の開発に勤しんでいたが、その結果生まれたブライ(唐沢寿明)は人類に宣戦布告。博士は、自分に逆らい戦場に赴いて戦死した息子・鉄也(伊勢谷友介)を新造人間としてよみがえらせた…。

感想 bookmark

 映像はとても綺麗です。出演者も好感が持てます。

 ただ、脚本がなぁ……。

 本当に残念でなりません。ここまでのキャストを集めているというのに、駄作、というか自分たちだけで満足してしまっているようで、観ていて首を傾げてしまったり、不毛だと知りながらつっこんでしまうところがちらほら。ちょっと脚本を見せてほしいぐらい、わかりにくかったです。

 客観性が足りていないのか、それとも狙ってやっているのか。はたまた、映像を作ったあとで、つまりセットを作り終えてから気づいたのか、または気づいていないのか。

 出演者の方々は、これで満足したのでしょうか。というより、文句は出なかったのか。洋画では、影響力のある俳優は脚本に意見を出すと聞きます。まあ、監督の意図通りのほうが良い映画を作り出せるかもしれませんが、それでも、いくつもの視点で脚本を練るのは当然のように感じます。なぜなら、小説や漫画と違って、映画という媒体には関わる人員がはるかに多いからです。また、動く費用も桁が違う。

 一見さんお断り、つまり原作を知らない人間などはなから相手にせずに、原作ファンを楽しませるために撮られているかと言えば、そうでもないみたい。どっちつかずの中途半端のよう。わたしは原作を知らないので、アニメーションとの対比もできないので楽しくありませんでした。

 ストーリーが解りにくいわけではありません。ただ、整合性に欠けているというだけで。

 これは親切ではない映画です。深さもそれほど感じられませんでした。ただ、あれもこれもと詰め込んでいったら、結局、脚本の方にしわ寄せが来てしまった、という感じ。肉厚があってジューシーなのに、美味しくないハンバーグみたい。ただ、及川光博氏が出ているので好印象でした。やっぱりミッチーはサイコな役柄が似合いますね!

 ということで、キャシャーンでした。
 つまらないというわけではないありません。ただ首を傾げるばかりです。

評価:D



一覧に戻る
AND OR