ブックレビュー/4840224390

灼眼のシャナⅣ bookmark

  • 作者:高橋 弥七郎 イラスト:いとう のいぢ
  • 評者:お亀納豆
  • 日付: 2006-08-24

お薦め対象 bookmark

この巻あたりになると、もうお薦めも何も無い気がする。

粗筋 bookmark

悠二、おまえはわたしの……何?

「にえとののしゃな、だ!」

特殊な封絶『揺りかごの園』から現れたソラトとティリエル。彼らは、シャナが持つ“贄殿紗那”を狙って来た“紅世の徒”だった。シャナは、その敵を返り討たんと、妖しく輝く山吹色の空へと飛翔した。それは、吉田一美との決着を付けるためでもあった。彼女は叫ぶ。

「すぐに聞かせてやる! わたしの気持ちを!」

感想 bookmark

実は『Ⅲ』の表紙と繋がってます。
VS愛染兄妹編後編。口絵の吉田さんが素敵。見返り美人というやつか。

さて今回はほぼずっと戦闘。その為、書く事があんましない。判ったのは『零時迷子』に『戒禁』が掛けられている事や、その『零時迷子』をシュドナイ(正確には[仮装舞踏会]だが)が探しているという事。そして[仮装舞踏会]の盟主は、あまり星黎殿に居ないという事と、彼(?)には唇が無いという事。人型ではないのだろうか?ついでにベルペオルが名前だけ登場。

それはそうと勝手に悠二と誓う事を想像して、赤面するシャナさん萌え。

ってな訳で『Ⅳ』でした。知らない人には何のこっちゃ理解らん事ばっかりやな。

評価 燃:A+ 萌:A+ 笑:B 総:S-



一覧に戻る
AND OR