ブックレビュー/4829163577

さよなら、いもうと。 bookmark

  • 作者:新井 輝 イラスト:きゆづき さとこ
  • 評者:お亀納豆
  • 日付: 2006-06-17

お薦め対象 bookmark

妹萌えを期待しない人。

粗筋 bookmark

おにいちゃんのおよめさんになりたいです――。

あなたには、兄弟はいますか。同じ血が通っている(そうじゃない場合もたまにありますけど)ひとつ屋根の下で暮らす存在が、ある日突然死んでしまったら――悲しいというより、そこに訪れるのは、ただただ喪失感というような気持ちなんじゃないかと思います。この物語の主人公ヒロシは、唐突に妹・トコを交通事故で亡くして、そんな深い悲しみというか、嘆きの中で毎日を送っています。ところが、その妹が生き返ってしまって――。

感想 bookmark

富士見ミステリー文庫の六月、七月の新刊はオール新作。初体験project「はじめてをあなたに……」って、そのキャッチフレーズ、どうにかならんかったのか。

さてそんな訳で、『ROOM NO.』の新井さんの新作です。いや、御願いですから『ルーンウルフ』の続きを書いてくださいよ。と、私はアンケート葉書に書き続けている。

で、全体的な雰囲気は『DEAR』の頃の新井さんを思い出させてくれます。落ち着いていると言うか、エロくないと言うか。ただ、開始三ページで、美少女のお風呂上りの挿絵が出て来て、この作品の先行きが不安になったのは俺だけではない筈だ。いや、エロ可愛くて良かったけど。

そんで、ヒロシが最後に出す答えがぶっ飛んでると言うか何と言うか。お嫁さん<<妹て……。成程とは思ったが。

ってな訳で、妹萌えというには語弊の有る作品でした。勿論良い意味でですよ?

評価 燃:C 萌:A- 笑:C+ 総:A-



一覧に戻る
AND OR