ブックレビュー/4757730845

“文学少女”と繋がれた愚者 bookmark

お薦め対象 bookmark

まあ、損はないからみんなよんどけ。

あらすじ bookmark

「これは食べ物への冒涜よっ!」物語を食べちゃうくらい深く愛している”文学少女”天野遠子。彼女が、図書館の本のページが切り取られていることを発見してしまったため、文芸部の後輩井上心葉は、またしても振り回されるハメになったのだが……。

学園中が文化祭の準備に沸く陰で、追いつめられ、募っていく狂気。過去に縛られ立ちすくむ”愚者”に、”文学少女”が語る物語とは‥?

感想 bookmark

毎回一つの物語をテーマにしたこのお話。今回は武者小路実篤の「友情」。

つか、武者小路の名前が出てきたとき「友情」ぐらいしか読んだことねーぞ。と思ったらピンポイントだったりw。



今回の見所はなんと言っても遠子先輩(毎回そうだけど)。口絵に描かれている大正時代書生風の男装遠子先輩の満面の笑みにノックダウン!!

毎回単体で読めるシリーズでしたがなにやら次回以降への伏線めいた物が現れだすしだい。それでも話は独立しているのでやっぱり単体で読めると思う。





読み進めていくうちに大正昭和の小説を読み直したくなってきた。取り敢えず積み本を消化したら手をつけてみようかな。



一覧に戻る
AND OR